トゥルーピング・ザ・カラーを鑑賞してきました!

ロンドンイベント

先日6月8日、エリザベス女王の公式誕生日を祝うパレードであるトゥルーピング・ザ・カラーを観てきました。イギリスらしい近衛兵の行進だけでなく、ロイヤルファミリーを生で見ることができる貴重な機会ですので、ロンドン滞在期間とこのイベントが被るようであれば、是非見に行くことをお勧めします!沿道で立ち見する分にはチケット不要です^^

この記事では、2019年のトゥルーピング・ザ・カラーを実際に観た経験を踏まえて、このイベントをより効率よく楽しむ方法をご紹介します。

1.トゥルーピング・ザ・カラーとは?

トゥルーピング・ザ・カラーとは、エリザベス女王の公式誕生日を祝う式典です。女王の本当の誕生日は4月ですが、6月の土曜日が公式誕生日になっています。その理由はその時期は晴天が多いから。確かに4月のロンドンは寒いし曇天・雨の日が多くパレードには向いてなさそうです。合理的な日取りですね。

パレードは、バッキンガム宮殿とホース・ガーズ・パレード間を往復で行進します。1400人を超える将校や近衛兵達が200頭の馬や400人を超えるブラスバンド隊と共に行進します。ロイヤルファミリーは馬車に乗って行進します。

2.どこから観れるの?

無料でパレードが観れる沿道はこちらの黒い点々のエリアです(The MallとHorse Guards Paradeの間)。我々はGreen Park駅から歩いて★のポイントから観ましたが、St Jame’s Park側の沿道の方が若干すいているように見えました。我々は9時頃に着いて、前から2列目で観ることができました。パレード自体は10時開始です。

我々は★ポイントで鑑賞しました。
●はバリケード開放ポイント(4.参照)です。

.パレードのタイムテーブルは?

9.00 沿道待機が許可される(9時前からの場所取りは不可)
10.00-10.45 パレード①(バッキンガム宮殿→ホース・ガーズ・パレード)
小休憩
11.40-12.20 パレード②(ホース・ガーズ・パレード→バッキンガム宮殿)
12.50 Green Parkにて空砲が複数回発射され、宮殿のバルコニーにロイヤルファミリーが登場
13.00 空軍による祝賀飛行(Flypast)
※パレード①の終了時間、パレード②の開始時間は公式情報が見つかりませんでした。大体の目安とご理解ください。

赤・白・青の煙を放つFlypastは必見!

4.バルコニーに登場するロイヤルファミリーを観るためには?

行進が終わると、沿道のバリケードが開放されてザ・マルに出ることができ、バルコニーに近づけるという事前情報を得ていた我々。ならばバッキンガム宮殿に近い場所から観るのがいいだろうと★の場所に陣取ったのですが、なんと、行進が終わっても目の前のバリケードが開放されない…!どうやら、バリケードを開けるポイントがいくつかあるようで、その近くに陣取らないと効率よくバルコニーに近づけないようでした。他にも開放ポイントがあるのでしょうが、我々が発見したバリケード開放ポイントは2.の地図の青い●のあたり。次に観る機会があれば、絶対●の近くに陣取ります…。

.ドレスコードは?

公式サイトには「モーニングドレス、ラウンジスーツまたはジャケット&パンツにタイ(デニム、ショートパンツ、サンダルは不可)」とセミフォーマルな装いが求められていますが、実際に沿道で観る人達はラフな格好でした(デニムにリュック多数)。有料エリアで鑑賞する人は別として、沿道で立ち見する分には服装には気を使わなくて大丈夫そうです。

6.トイレ情報

パレードの沿道から一番近いトイレはグリーンパーク駅には有料トイレ(50セント)かと思います。コインを用意しておきましょう。

7.まとめ

ロイヤルファミリーが登場するとみんな「フゥー!」と歓声を上げており、ロイヤルファミリーの絶大な人気が体感できました。行進する近衛兵や騎馬隊も皆足並みが揃っていて美しい。イギリスらしさがたくさん詰まったこのイベント、是非効率よくお楽しみください!

コメント