革靴

Alden

オールデンのローファー、たなぱん先生スタイルで腰裏修理

別記事で紹介した、購入時からカウンターライニングが破れていたオールデンのラベロローファー。ローマの靴修理店で修理を終えました。この記事では修理後の出来上がりを紹介します。
Perticone

ペルティコーネで革靴をビスポーク【仮縫い編】

年初にオーダーした、吉本晴一さん主宰のペルティコーネ(Perticone bespoke)でのバタフライローファー。仮靴が完成したとの連絡があり、ローマの工房に伺いました。
Patrick Frei

パトリックフライのビスポーク、追加オーダー【Patrick Frei】

今年3月に納品されたパトリックフライ(Patrick Frei)のビスポークシューズ。先日、1足目のフィッティングの確認と合わせて、2足目をオーダーしました。この記事ではオーダーの際の様子を紹介します。
Alden

アナトミカのパリ店とオールデンの別注Uチップ【Anatomica】

2年前に訪れた、オールデンのモディファイドラストを使った別注で有名なアナトミカ(Anatomica)のパリ本店。店舗で経験したアナトミカフィッティングと購入した別注オールデンのエイジングを紹介します。
J.M.Weston

ジェイエムウエストン、レディースの180シグニチャーローファー

2019年にジェイエムウエストン(J.M.Weston)のシャンゼリゼ店で購入したレディース用の180シグニチャーローファー。メンズ用のローファーと並べてみました。
Marquess Shoemaker

私の注文靴の原点。マーキスのビスポークシューズ

2015年の暮れに注文したマーキス(Marquess Shoemaker)のイミテーションフルブローグ。私の初めてのビスポークシューズです。先日ブリフトスタンド万世橋の折茂さんに磨いてもらったので、綺麗なうちに残したいと思います。
Patrick Frei

パトリックフライのビスポークシューズ、完成【後編】

2018年のWorld Championships in Shoemakingの優勝者、パトリックフライ(Patrick Frei)さんと木村和哉さんの手によるビスポークシューズ。前編に続いて、後編ではディテールを紹介します。
Patrick Frei

パトリックフライのビスポークシューズ、完成【前編】

2020年5月にドイツのフライブルクで注文したパトリックフライ(Patrick Frei)のビスポークシューズがついに完成しました!興奮冷めやらぬうちに、開封までの様子をまとめました。
シューケア

ストゥルパイ(Strupai)の靴紐を購入してみた

ミラノの靴店リヴォルタ(Calzorelia Rivolta)にて、ストゥルパイ(Strupai)の靴紐を購入しました。今回購入したストゥルパイの平紐と、クロケットアンドジョーンズの純正の靴紐と比較した着用感などを紹介します。
Alden

オールデン(Alden)のタンカーブーツ(シガーコードバン)

一時帰国時に、2020年春に確保していたオールデンのシガーコードバンのタンカーブーツを回収しました。万世橋ブリフトスタンドの美技・プレミアム磨き(コードバンSP)と合わせて紹介します。