スケッチ(Sketch)-少し変わったフォトジェニックなアフタヌーンティーを楽しむ

アフタヌーンティー

リッツやクラリッジズのようなクラシックなアフタヌーンティーも素敵ですが、ロンドンにはポップで先進的なアフタヌーンティーもあります。スケッチでは、インスタ映え必須な一風変わったアフタヌーンティーが楽しめます。この記事では、スケッチでのアフタヌーンティーの予約方法や楽しみ方をご紹介します。

予約

スケッチのアフタヌーンティーはとても人気なので予約必須です。クラリッジズほど予約が取りづらいわけではありませんが、それでも3週間前までには予約をしておきたいところです。予約はこちらの公式ページからできますが、サイトの作りが斬新で戸惑うかもしれません。

sketch
sketch in Mayfair, London is a destination for food, drinks, music & art, comprising an artist conceived gastro-brasserie restaurant, David Shrigley's Gallery s...

The Gallery → Book → Afternoon Tea → Partyで人数を選ぶ → 日付 → Proceed と進めていけば予約画面に進めます。

Afternoon Tea.co.ukというアフタヌーンティー専門の予約サイトがありますので、そこから予約した方が、公式サイトよりシンプルでわかりやすいかもしれません。

https://afternoontea.co.uk/

このサイトでは、スケッチ以外にもいろいろなアフタヌーンティーが予約できますし、特別割引をしているアフタヌーンティーもあるので、どこのアフタヌーンティーにしようか迷っている人はこのサイトを見てみることをお薦めします。

スケッチのアフタヌーンティーのお値段は59ポンドからです。最寄り駅はOxford Circus駅とショッピングついでに立ち寄るのに便利な場所にあります。

料理

最初にキャビアと卵のムースの前菜が出てくるのが特徴的です。キャビアは、キャビアマンと名乗るスタッフさんがサーブしてくれます。キャビアの塩気とムースのまろやかさがマッチしていて、すごく美味しかったです。

その後は、3段プレート。他のアフタヌーンティーでは、まずサンドウィッチ、それが食べ終わる頃にスコーン、最後にケーキと順番に一段ずつ出てくることが多く、写真にすると少し寂しいのですが、スケッチは一度に3段プレートにサンドウィッチとケーキ類が乗せられて出てきます。ゆえに、インスタ映えです…!

写真を撮り忘れてしまいましたが、3段プレートが食べ終わる頃にスコーンが出てきて、その後さらに追加のケーキが出されます。なんというボリューム…!たいていの人はスコーンが出てくる頃におなかいっぱいになっているはずです。

食べきれなかったものは、店員さんに頼めば持ち帰り用に包んでくれます。持ち帰り用のバッグが可愛いのでおなかいっぱいならば持ち帰りを頼むことをお薦めします。Can I get a doggy bag? もしくはCould you wrap this for me?と言えば嫌な顔せず包んでくれますよ。

持ち帰り用バッグもピンクで可愛い。

お茶

お茶は3種類楽しめます。1種類撮り忘れました…。ロンドンのアフタヌーンティーで頼むのは邪道かもしれませんが、抹茶がおいしかったです。

名物トイレ

スケッチと言えば、この卵型トイレです。外から写真を撮る分には素敵だけれど、中に入ってみると狭くて、お祭りでよくある簡易トイレに入っているような気分になりました。笑 スケッチに行ったらぜひトイレに行ってみてください。

まとめ

ピンク一色の可愛い部屋にややシュールな可愛さが絶妙に散りばめられているスケッチは、普通のアフタヌーンティーではつまらない!と思っている方にお勧めです。外見だけでなく味もしっかりおいしいので、カップルで行っても楽しめると思います。とはいえ、女子要素高めですので、女友達と行く方が、あれが可愛いこれが可愛いと存分に盛り上がれて楽しいように思います。

コメント