見どころ満載!【ハリーポッタースタジオツアー①】

ロンドンイベント

ハリーポッターの映画で実際に使われたセットや小道具が展示された巨大スタジオを巡る「ハリーポッタースタジオツアー」。映画のセットや撮影の裏側を知ることができるため、ハリポタファンにとって聖地のような場所です。展示物だけでなく体験コーナーも充実しているので、テーマパークのような感覚で観て回れます。私はシリーズ1作目しか映画を観ていない「非ハリポタファン」ですが、十分楽しめる内容になっていました!本記事では、ハリポタ初心者でも楽しめたスタジオツアーの見どころを紹介します。

予約必須

スタジオツアーは、事前予約制です。特に夏休みシーズンはかなり混み合うため、早めの予約をおすすめします。私は8月下旬の日程を約2ヶ月前に予約しました。2ヶ月前でも結構チケットがなくなっていた記憶です。代金は割高になりますが、旅行会社が催行する現地ツアーで申し込むと、割と直前でもチケットが買えるみたいです。

公式サイトで予約した場合、前日までであれば手数料£10を支払って日程変更が可能です。実は私も、卒論の締切5日前にツアー予約を入れていたのですが、予約日2日前の時点で卒論が全然書き終わっていなかったため、日程変更してもらいました(苦笑)。予約した当初は、当然この頃には卒論を書き終えているだろうと思っていたんですけどね…。

予約は公式サイトからできます。大人が£56.95、子供が£47.95です。

Warner Bros. Studio Tour Tickets
Official website. Find all ticket prices and the different available ticket types for the Studio Tour. Tickets must be booked in advance.

アクセス

電車で行く場合、スタジオの最寄駅はWatford Junction駅です。London Euston駅からWatford Junction駅までは約20分、£12.64で、オイスターカードで行けます。
Watford Junction駅の目の前から、スタジオ行きのシャトルバスが20分毎に出ています。

公式サイトより引用。

到着後ツアー開始時間まで

シャトルバスで15分程でスタジオに到着。ハリーポッターが描かれた壁やスタジオ前の銅像に心躍ります。

ツアー開始時間より前に着いても、スタジオ内のカフェやお土産ショップなどが使えます。スタジオ入口で荷物検査をして、いざ中へ!

「炎のゴブレット」に登場した巨大ドラゴンがお出迎え。
ファンタスティックビーストの衣装がずらり。
お土産ショップはとても混み合っていました。棚にはハリー達の杖が山積みに。
お土産の定番「百味ビーンズ」。

いよいよツアー開始!

予約時間が来たら、いよいよツアー開始です。入口すぐに展示されているのは階段下のハリーの部屋。物語の始まりのシーンで、ツアーも始まるわけですね。

人間界で虐げられていた頃の部屋。

大ホール

次に案内されたのは「大ホール」。ハリー達が寮の組み分けをされるシーンが撮影された場所ですね。ここはハリポタ初心者の私でもわかります!

ダンブルドア達のマネキン。
各寮の制服が展示されています。
大ホールから次のエリアへ行く通路にはスニッチが。
重厚な雰囲気漂う大ホールも裏から見るとハリボテ。セットですからね。

小道具展示エリア

大ホールの次は、様々な小道具やセットを展示した広大なエリアに移動します。すごい量の展示物なので、全てオーディオガイドの説明を聞きつつ見ているとかなり時間がかかると思います。ハリポタ初心者の私は気になったものや知っているものについてだけ、説明を聞いて回りました。

カツラたち。
「嘆きのマートル」のバスルーム。
ハリー達の寮の部屋のセット。右ベッドの下に置かれたトランクに「HP」とあることからハリーのベッドだとわかります。
スネイプ先生の研究室。
寮の談話室。ハーマイオニー、ハリー、ロンの衣装。
ディメンター。
きっと大事なシーン。
クィディッチグッズ。

箒に乗って飛んでみる

一際人気なのが箒に乗って飛ぶムービーが撮れるエリア。グリーンバックの前の箒にまたがり撮影します。座る所は自転車のサドルみたいになっているのでおしりは痛くありませんのでご安心を。

撮影が開始されると、箒が前後左右に飛んでいるかのように揺れます。スタッフさんの「手を挙げて」「遠くを見るように」「かがんで」という指示に従って体を動かすと、CGと合成されて、まるで自分がハリーポッターの世界で箒で飛んでいるかのような動画が出来上がります(下の動画参照)。

できた動画は有料でデータ購入可能ですが、たぶん見返さないだろうということで私は買いませんでした。撮影するだけなら無料ですし、それだけでも結構楽しいので、是非経験してみてください。

次回記事に続きます

以上がスタジオツアーの前半です。ボリュームが大きくなってしまったので、後半は別記事でまとめたいと思います。後半も「禁じられた森」や「グリンゴッツ銀行」など見どころたくさんですのでお楽しみに(^^)

コメント